中央大学郡山白門会規約 


(名称)
第1条 本会は、中央大学郡山白門会と称する。

(会員)
第2条 本会は、中央大学に在籍した者で、福島県県中および県南地区に在住する

者、またはこれに準ずる者をもって会員とする。

(事務局)
第3条 本会の事務局は、支部長の指定する所に置く。  

(目的)
第4条 本会は、会員相互の連繁と親睦をはかり、中央大学学員会本部の活動に協
力すると共に、母校の発展興隆に寄与することを目的とする。


(事業)
第5条 本会は、前条の目的達成のため次の事業を行う。
(1)会員名簿および会報告等の発行
(2)会員相互の親睦会などの開催
(3)各種研修会、講演会および見学会等の開催
(4)母校および学員会本部の諸行事等に対する協力ならびに意見の具申
(5)その他前条の目的達成に必要な事業


(総会)
第6条 総会は定時総会と臨時総会とし、定時総会は毎会計年度終了後3ケ月以内に開
催し、臨時総会は会員の3分の1以上の請求があったとき、または役付幹事会
が必要と認めたとき開催するものとし、支部長が招集する。


(総会決議事項)
第7条 総会の決議事項は次とおりとする。
(1)決算、予算の承認および事業計画、会員等に関する事項
(2)役員の選任、解任および第11条の顧問等の委嘱とその解任
(3)会規約の改正および関連規定の制定と改廃
(4)その他総会で必要と認めた事項


(役員)
第8条 本会に次の役員を置く。
(1)支部長        1名
(2)副支部長      若干名
(3)幹事長        1名
(4)副幹事長      若干名
(5)事務局長(会計兼務)  1名
(6)常任幹事      若干名
(7)幹事         2名


(役員の選任)
第9条 支部長、幹事長および監査は総会で選出し、副支部長、幹事長、副幹事長、事
務局長および常任幹事(以下「役付幹事」という)は幹事の互選とする。
但し、役員に欠員を生じても会務に支障なき場合は、補充選任をしないものとする。
2 総会出席会員過半数の同意あるときに限り、5名以上10名以内の選考委員に
よって前条役員全員を選出し、総会においてこれを選任することができるものとする。


(役員の任務)
第10条 本会役員の任務は、次のとおりとする。
(1)支部長は本会を代表し、会務を総括する。
(2)副支部長は支部長を補佐し、支部長事故あるときはこれを代理し代行する。
(3)幹事長は、会務運営執行の総括処理に当たる。
(4)副幹事長は幹事長を補佐し、会務を分掌してその執行に当たる。
(5)事務局長は支部長の命により支部の事務の処理をし、兼ねて支部の経理を担当する。
(6)幹事は、幹事長および副幹事長を補佐して会務運営執行を分掌し、常任幹事はこれを常務とする。
(7)監査は、本支部の会計および会務状況を監査し、その結果を総会に報告する。


(顧問等)
第11条 総会の決議により、本支部に顧問、相談役および参与(以下「顧問等」という)を
委嘱することができる。
2 顧問等は、支部長の要請により、会務運営等の諮問に応ずるものとする。


(任期)
第12条 役員および顧問等の任期は、就任後2回目の定時総会終結の時までとし、再任
または再委嘱を妨げない。
2 補欠または増員により就任した役員の任期は、他の役員の任期の残存期間と
する。
3 役員は任期満了後であっても、後任役員が選任されるまでその任務を行うものと
する。


(会議)
第13条 本会の会議は、総会、役員会および役付幹事会とし、支部長が招集する。
2 会議の議長は支部長が当り、その決議は出席会員の過半数で決し、可否同数
のときは議長が決定する。
3 監査は、役員会および役付幹事会に出席して意見を述べることができるものとす
る。
4 会議の議長は、決議の要領を記録しておくものとする。
但し、総会の議事録は、議長および議事録署名人1名の署名押印を要するものとする。


(役員会)
第14条 役員会は第8条の役員をもって構成し、会務運営方針等について協議する。

(役付幹事会)
第15条 役付幹事会は第9条の役付幹事をもって構成し、総会の決議事項および役員会
の協議事項等に従い、支部運営、執行について決定する。


(経費等)
第16条 本会の経費は、会費、寄付金およびその他の収入をもってあてる。
2 本会会員の会費は年額金2000円とし、定時総会日から1ケ月以内に納入し
なければならない。


(会計年度)
第17条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までの年1期とする。

(部会)
第18条 本会の事業を遂行するため、最少行政区域または職域毎に部会を設置するこ
とができる。
2 部会は、本規約および総会ならびに役員会の決議に反しない限り、自ら内規を
制定することができる。
3 部会は、その活動および財政状況を、年1回以上支部長に報告するものとする。


(補足)
第19条 本規約の施行に必要な事項は、役付幹事会で定めるものとする。
第20条 事務局長は、会の貯金通帳を管理し、支部長の命により、預金または払い戻
しの処理をする。

附 則

1.この規約は、昭和33年8月1日から施行する。
2.この改正規約は、昭和57年11月14日から施行する。
3.この改正規約は、昭和62年6月27日から施行する。
4.この改正規約は、平成元年4月15日から施行する。
5.この改正規約は、平成16年4月1日から施行する。
6.この改正規約は、平成21年4月1日から施行する。
7.事務局長は、郡山市朝日二丁目21−2 國津美則が就任する。